2018年3月5日月曜日

もう一つのファントム RF-4E

レコンファントム と呼ぶそうです。
RF-4E 偵察機として納入された機体と
RF-4EJ RF-4EJから改造された機体 の2種類があります。

偵察機だそうで,ノーズの下部に黒く見える窓があり,
カメラが装備されているそうです。

細かな違いや装備などは,ド素人なんで???
外から見える大きな違いは この塗装色

朝,飛び上がった機体が帰ってきました。
まず滑走路上を南から北に高速で通過,オーバーヘッドアプローチって云うそうです。

最初に 通常迷彩色の機体がパスして直ぐ後に
913号機 洋上迷彩色 の青ファントムが続きます。

とてもきれいな青の迷彩色です。 お気に入りになりました。


現在3機しかないそうで見られただけでもラッキーでした。


右旋回してきて 再度滑走路上をパスしていきます。
まず 912号機

脚を出していないので着陸せずに滑走路上空をパスするようです。

この迷彩色は茶がグレーのモノがあり,駐機はしていますが飛びますかね。


続いて30秒後に 913号機 

これら機体は501飛行隊に所属していて
尾翼には部隊のシンボルマーク ウッドペッカーが描かれています。
これも お気に入りになりました。

何回も見れて良いですね。

三回目は 高い所をパスしていきます


913号機も同様に高空パスです。



四回目
再び912号機ですが 今度は脚を出しています。
今度は 着陸する気分 になったようです。

ファントムは 金属の塊 が私の印象

搭乗員は2名ともパイロットだそうです。

着陸しました。

同じく30秒後に 913号機が着陸態勢です。


何度も姿を見せえくれるので アングルも遊べます。

RF-4E 洋上迷彩色 大好きになりました。

金属の塊がふんわりと着陸 です。

滑走路の中間付近に移動して
RF-4Eの離陸をみます。


912号機 先ほど着陸した機体ですね。
先ほどの着陸が11時10分 この離陸が13:02分 
2時間の休憩は整備と昼食だったのでしょうか。

ファントムの爆音をとどろかせて上昇していきます。


903号機 離陸




旅客ターミナル横に移動すると 先ほどの903号機RF-4Eが帰ってきました。
着陸と共にパラシュートを開き減速です。


この姿は F-4ファントム独特の姿です。

他の機体と同じく やはりきれいに並びます。
右から二番目の機体は,他の機体の茶色がグレーですね。
そして機種の下が出っ張っているので これが 
F-4EJから改造されたRF-4EJでしょうかね。


百里で迷彩色をまとった RF-4E レコンファントム でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿