2018年3月10日土曜日

ノルディカ君 デビュー

前回の滑走で骨折というか裂傷というか,再起不能の大けがをしてしまった
ヘッド君の後任 ノルディカ君

いつものブランシュたかやまで デビューしました。

期待の新人 ノルディカ君です。

一番のパートナー アトミック君とのカラーリングも上々です。
ちなみにこのスキーパンツ 年代もんなんで色あせが始まってます。
どこか破けると新人が入って来るんですけどね・・・
思いっきり太るって方法もあるな・・・

 最初は試運転 中斜面で大まわりからの相性審査です。
ゆっくりと,大回りしながら,
同じポジション,同じ姿勢,同じスピードで回るって
結構むずかしいのですがノルディカ君に助けれられていい感じ。

新人は,元気でキビキビしていて素晴らしいですね。




最初の中斜面大回りの結果から,設定をちょっと修正です。
FlexAdjustは,以前 「-は疲れるから+に設定」 としましたが
一緒にすべた感覚では,後ろに柔らかすぎるので「-」設定に変更してみたら
そのほうがしっくりしたので それでOK

よく言うことを聞くようなので,コース幅の狭い急斜面でちょっとシゴイテみます。
こちらの斜面でもいい反応です。

このノルディカ君 中々優れものです。
良く教育されているようで反応もいいし,指示にもしっかり従います。
足とノルディカ君とアトミック君が 遊びがない一つになった感じで最高
ヘッド君との滑りも楽しかったけれど
ノルディカ君との滑りは,楽しいだけでなくとても楽です.


私は コブは滑れないので相性審査はこれで 終了
優秀な成績で 合格 といたしました。

若干の課題として 急斜面でエッジを利かせて小回りすると
左足インエッジが入りすぎる感じがします。 右足はOKです。
ヘッド君とでは左右での差はなかったのですがね。

今回は左足だけ少し横滑り気味に滑るからこのままでいいけれど
次回は Cunting の調整ができるので
左足だけノーマルから内側に倒してみようかなぁ
それとも自分の滑りが左右で違うのを,ノルディカ君は敏感に感じているのか
などと思いながらの滑走でした。

滑り出しは慎重な滑走でしたがそんな心配などなんのその 
最初から他の仲間とのマッチングもほぼピッタリ 絶好調でした。

ノルディカ君は直ぐに仲間に溶け込んでくれたのであとは自由行動



今日のブランシュは 快晴の良い天気 気温は山頂で マイナス8℃
風はないので いい気持です。




ここで快晴 ならばやはりこれ 毎回シツコク撮る,載せる
北アルプス 穂高岳・槍ヶ岳の眺望


斜面には相変わらず野生動物の足跡
左は ウサギ 右は前後の足が同じところを踏むのはシカか?タヌキか?
小さく細い点々は ネズミ?

林の中には足跡だらけ

快適な雪遊びの一日でした。

0 件のコメント: