2018年3月3日土曜日

あさイチの驚き F-15J

F-15Jの離陸をゆっくりとみてみましょう。

まずは滑走路中ほどから
滑走路端っこからの滑走開始と離陸までを見てみましょう。

滑走の開始は遠すぎて写真にはちょっと? なんで滑走中の写真は残念

滑走は意外に短く すぐ離陸してしまいます。

離陸,即急上昇するのかと思っていたら
緩やかな角度で滑走路上を上昇,と云うより雰囲気は通過していきます。


後部が見える位置まで行くと,エンジン排気孔からはオレンジの炎


印象的なので 拡大

ここまでは滑走路中ほどからの観察でしたが
上昇する機体は,滑走路の先から見ましょう。


滑走路を過ぎ上昇してきた機体です。 

このあたりから機体を徐々に右に傾けてきます。

少しづつ背中が見えてきますねぇ

同時に右へ急旋回します。 自分を中心に右に回わっている って感じです。

 このあたりが最高潮 でしょうか。

その後は ドンドン遠くに行ってしまいます。 
行き先は太平洋上で,目的は訓練。


太平洋で訓練した後,しばらくすると(一時間ちょっとかな)戻ってきます。



そして着陸です。

滑走路上空を高速で通過していきます。 この時は四機の隊列で通過。

その後 右端から一機ずつ右旋回しながら一機つづ縦に並んで減速
着陸体制に入ります。

こちらは二機での滑走路上空通過

右端の機体から右旋回


四機の方がカッコいいね。


エアブレーキを縦て,右旋回してくる機体

飛んでいる より 浮かんでいる って感じ

目の前を通過




機首を極端に持ち上げた姿勢 着地後しばらくこの姿勢で滑走します。

ちなみにこの機体 百里所属ではなく
小松基地所属 大雪で疎開しているようです。


 このあと ふんわりと着地です。

向きは逆ですが 着地後の滑走姿勢 
このままの姿勢でしばらくは減速を続けます。



そして 格納庫前にきれいに並んで勢ぞろい

 ひと休みしたこのあと また8機が離陸していきました。

普段は百里基地では見られないF-15J
ラッキーでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿