2018年4月5日木曜日

東戸塚で桜 2

東戸塚の清水谷戸トンネル側のここ
正確にはトンネルは3本あって 東海道本線貨物線の猪久保トンネル 
横須賀線の品濃トンネル そして東海道線の清水谷戸トンネル が並びます。
40年数年前,正確な川の名前は定かではないが
柏尾川か,その支流の谷戸であった所で山の中
東戸塚駅が開設後大きく変貌した東戸塚ですが
駅のトンネル側南のここは,少しばかり昔の面影を残した所です。

ここは貨物線と横須賀線を乗り越える陸橋の付近

この写真は上の写真の桜の並木の当たりから1975年夏に撮ったもの
陸橋の下り階段の上が 上の写真の撮影場所です。
すでに貨物線(今のスカ線)の南(こちら側)には新貨物用の用地が確保されています。

こちらは上の写真の陸橋から東海道線を見たところ

ほば同じ所から同じような方向を撮った1975年のここ
右からの道がY字に分岐してる形状がおなじでしょう
ちなみに写真の荷物列車,後ろの機関車は EF5660 です。

陸橋の南(新貨物線側)からの同じような写真


40年前には何もなかったところに出現した桜並木
桜の寿命は60年(手入れをしない場合)といわれていますが
少なくとも40年では大木ですでに老木なのです。

12:22 成田Exp.

桜は若木の時は迫力にやや欠けますが 
30年40年の木は花が咲くとピンクの波打つ山が出来て
素晴らしい雰囲気を出してくれます。

しかし 40年を過ぎた桜はすでに適齢期を過ぎて老木の仲間入り
一説によると桜の寿命は手入れをしないと60年 
きちんとした手入れをすればさらに伸びるそうで,100年200年も有りだとか。

何もしないことが桜にとっては自然保護ではありません。
桜(ソメイヨシノ)は品種改良によりできた人工樹木,人口桜並木であることを
お忘れなく。 
何もしないのが自然保護ならば
人工的に作られた桜(ソメイヨシノ)を植えることが自然破壊なのです。

と グダグダと自然?をグチってうちにやってきました。

12:42 5075レ EF66103


E233系の面構え 好みだったのですが
これからは E235系の世界になってしますのでしょうかね?


この桜の木
きちんと選定をして管理をしっかりしないと
あと20年30年たった時には 線路に倒れ込む危険老木 として
切り倒される運命になるのは避けたいものです。
そのための自然保護をしっかりとしていってほしいな と老婆心ながら思う 桜鉄。

まあ 私 その時にはすでに居ないのでどうでもいいことかもね。




0 件のコメント:

コメントを投稿