2018年4月19日木曜日

磐越西線で遊ぶ 5

喜多方ラーメンを食べて,喜多方から五泉方面に戻る最後のミッションです。
いつもそうなんですが,
我々は架線が張ってある喜多方から会津若松方面にはめったに行きません。

15時過ぎまで列車は無いので,のんびり走行です。
途中,道路改良工事で大きく変貌した慶徳俯瞰地点を確認を兼ねて覗いてみたら
仲間からここにしよう と声が出ました。 

午後イチ ここに決定です。
陽ざしも出てきました。

15:47 234D キハ110×3両 

慶徳トンネルを出た列車は,喜多方に向かって坂を下ります。

遠くに見える濁川を渡ると喜多方駅はもうすぐ。

太陽は残念ながら雲に隠されまたもや近ごろの定番,曇り空

遥か遠くから喜多方駅出発の汽笛が聞こえてきました。
15:59 8233レ SLばんえつ物語 C57180+12系PC

列車は左へカーブしながら築堤を登ります


慶徳トンネルへの登り坂

後ろの山は残念ながら雲の中


 列車は右の曲がりながら林間に消え,その後慶徳トンネルをくぐって山都へと進みます。

機材をかたずけ追っかけ

それなりに元気よく走って およそ10分の余裕で ここに到着。

汽笛が聞こえてきます。 
煙が上がりました。 
機関車が見えました。
17:08 日出谷-鹿瀬間 当間橋梁







 昨日の反対向きでこのくらい山が見えていればね。

と最後の撮影場所,三川駅です。 また雨降っています。
17:46 三川駅発車

昨日と同様,ドレインサービスやりすぎで
一時は機関車前面も見えなくなる状態, 
しばらくまって機関車が見えた時には煙,ドレインとも拡散が始め待って,
ちょっと迫力不足となってしまいました。

加速で煙も本来の勢いが出てきました。



これにて今回のミッション すべて終了です。
この時期は煙は確かにいいです。やややりすぎの感もありますがね。
しかし周囲はまだ冬,でも雪は無しなんでやや茶色の世界ではあります。
煙をとるか,風景をとるか,それが問題だ。
永遠の課題ですね。

後は,安全運転で帰るのみ, お疲れさまでした。
では また

0 件のコメント: