2017年1月15日日曜日

夢の大糸線


模型の楽しみ方はいろいろ

私流には 
模型の世界は夢の世界

現実を横目で見ながら
こうだったらいいのになぁ~

そして精密に作るより雰囲気重視
だって Nゲージは1/150
20mの車両の長さはたった13cm
10cmだと 0.67mm

60過ぎた手先と目で作るのは無理

細かく作ったって目を5cmまで近づかなければ
見えないから大丈夫

「そんなの模型じゃない!」と怒られそうだけどね



今年最初の夢は 大糸線ブルーでクハ47が走る。


大糸線にもクモハ43 800台が走ってはいたが
クハ47はなかった と記憶している。

なぜクハ47なのか?
2枚のドアの間に小さな窓がずらりと並ぶ
かっこいいでしょ(^-^; 
そして大糸線が好きだから
ただそれだけ

その クハ47 かっこいいでしょう

そのクハ47とペアを組むのが
クモハ43 大糸線にいた800番台ではないけれど
これら車両はドアが二つ シートはボックスシート
ちょっと前の急行の車両でドアそばにデッキがない感じ



2両だけでは寂しいから
クモハ51
この形式は実際に大糸線にも在籍していました。
しかも原型・半流形が
ちなみにパンタグラフはまだ未実装
クモハ51のペアにクハ68
こちらも原形・半流形が在籍していました。

この2両はドアが3枚
シートはセミクロスシート 
東海道やスカ線の
ボックスシートとロングシートが組み合わさったタイプ


 そして これも現実の世界
クモハ40077
この車両はロングシート


夢の世界が勢ぞろい

ちょっとパンタが歪んでいるのがご愛敬
大糸線の昔の電車
夢の世界でも もっと汚さないと
おかしいよね


我が鉄のコンセプト
中央東線とその支線たち

「我が鉄」 なんかいい名称考えなくちゃ

いい名前あったら教えて

0 件のコメント:

コメントを投稿