2017年1月6日金曜日

車体塗装

塗装

かなり難しい

せっかく丁寧に,細かく,きれいに作っても
この塗装がうまくいかないと
すべてが”無”になるくらい

まあNゲージではあまり丁寧に」「細かく」
には値しないけれども


いよいよ その塗装作業を行う
旧型国電

 
塗り分けがある場合 薄い色から
との昔の知識で
まず屋根の塗装
ねずみ色2号

 
特にマスキングもせずに
でも出来れば車体にはあまり吹きかけないように
お互いをくっつけて並べて
上から ふわっと 塗装

自分レベルでは,うまくいきました。


まあプラスチック地色がねずみ色ってこともあって
あまり目立ちませんが
屋根のプラスチック劣化防止も兼ねて 塗装

次に車体色

屋根をマスキングテープで覆います。

これが難しい
特に 「半流型」 と言われる曲面が

これは平面妻板と曲面屋根際

こちらが半流型
曲面妻板と曲面屋根 

まず三角にカットしたテープを正面において


サイドに樽ませながら巻いて


屋根に固定して

最後にサイドをマスキング


 マスキング完成



うまくいくでしょうか?

結果は塗装してみなけばわからない


大糸線色 

ぶどう色

苦労した半流型正面


こんな格好で乾燥中

0 件のコメント:

コメントを投稿