2017年1月31日火曜日

雪景色 八ヶ岳


諏訪湖の西岸を南方向に走ると
八ヶ岳の全容が見えてくる。

昨夜の雪が八ヶ岳の裾のほうまで積もっている姿が 

実にきれいだ。



諏訪神社 上社 本宮一の御柱を見に行くか?
雪景色の八ヶ岳か?

どっちにしようかやや迷うが
御柱はまだ数年そのままのなので

これはあそこに行って撮るしかないな
と ついで鉄 に決定

御柱さん ごめん




438M 長野発甲府行 211系3連







ここは 中央本線 富士見-すずらんの里

左端 中央あたりが 「すずらんの里駅」 です。





53M あずさ13号
左端に赤岳 中央 左から西岳2398m 権現岳2715m  三角錐の編笠山2524m








ここは 八ヶ岳がこんな感じに見える場所


今日は 八ヶ岳に新雪が積もって かつ 快晴

蓼科・八ヶ岳に来るたびに この天気と雪 を待っていた。

贅沢をいうなら 手前の森にも雪があったら 100点満点。






右端が 八ヶ岳の主峰 赤岳2899m その左手前が阿弥陀岳2805m




左が阿弥陀岳 その奥で右が 赤岳

阿弥陀岳より赤岳のほうが標高は高いが,奥にあるので
そしてここは標高935m 下から見上げているので
赤岳がやや低く見えるのだろう。





次の列車 18Mまで少し時間があるので
なぜ標高の高い赤岳が低く見えるのか?
を検討してみよう。


この地点から赤岳までが約15000m 阿弥陀岳が約13500m

この地点の標高が約935m 赤岳が2898m 阿弥陀岳が2805m



それぞれの山を見上げる角度は
赤岳が7.46° 阿弥陀岳が7.89°
阿弥陀岳のほうが高く見える との計算結果です。





そんな時間つぶしをしているうちに 時間です。


18M Superあずさ18号 来年には引退でしょうか










もう八ヶ岳の主峰名はいりませんよね

良い天気の長野諏訪周辺での 遊び でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿