2016年11月24日木曜日

レイアウトの建設21 機関車留置線の建設


レイアウトの製作20で建設した留置線



本線のこれからの建設方法の試作を兼ねて

地面となる部分を石膏で作ってみたり



レール側面を赤さび色に塗装してみたり


バラスト敷設してみたり と
本線作業の市作を留置線で進めている。


ところが

本線の調整を兼ねて連日習熟運転を続ける運転士から
「機関車の留置線もほしい」 との要望が出てきた。

この要望が 運転管理者でなく 運転士から出るのが
自分には面白い。


まあ どこからの要望か?は置いといて

何かを作ると また次の要望という要求が出てくる。


どこに作るの?
ここしか残っていない!

ということで

ここに こんな風に 線路を並べることにした。

使い勝手はよくないけれど
無いよりは良いだろう

例によって 資材は過去の不良資産を再利用
ただし20年以上年月が経ったものなので
各部の痛みもあり
再整備が必要です。

コンクリートでなく 木工用ボンドが乾燥するまで
養生中の機関車留置線

翌日には 機関車が留置されていました。 

まあ 即利用していもらえるのはいいのですが
なかなか先に進まない。

別に納期があるわけじゃないけれど ね

0 件のコメント:

コメントを投稿