2018年2月4日日曜日

思い出のカメラ


ニコンミュージアムに行ってみた ずらりと並んだ昔からのカメラ
それに刺激されて我が家も納戸から段ボール箱を引き出して
過去の遺物を引っ張り出してみた。

オリンパスペンD3
中学,高校と稼働していたカメラだが
このころは撮り鉄に目覚めていなかったので
これで撮った列車は数えるほど,と記憶してます。
今は動かない。

1年の夏,バイトして買った初めての一眼レフカメラ
ミノルタ SRT101
当時のアルバイト時給は200円 一日5時間で1,000円
一か月で2万円ちょい
なので安いカメラの選定で これになった。

2台目一眼レフカメラ ミノルタ SR-1s
当時はレンズ付き箱入り販売が一般的
そんなところに 新宿のヨドバシカメラで「ボディーだけ下さい」って言ったら
店員から文句タラタラいわれました。 1970年代前半、まだ小さなヨドバシ時代。
SR-1sの用途は 
SRTは露出計が付いているので カラーポジフィルム
SR-1sは モノクロフィルム  として使い分けていた。
1台運用の場合は,露出計内蔵のSRTが稼働するので これは 一応サブ機

SRTに付属してきたレンズ
Rokkor 55mm/f1.7
よく使いました。  そして好きでした。

初めての交換レンズ
Rokkor 135mm/f2.8
これもよく使いました。 ×2のテレプラスなんか付けて無理やり撮ってました。
当然今から見直してみるテレプラス付き画像なんてボケボケです。

この後 一番好きだったレンズ
Rokkor 24mm/f2.8 があるのですが 見つからない!!
28mm,35mm全盛時代に 24mmという広さが大好きでした。
でも どこ行ったんだろう?  探さなくっちゃ
ちなみにそのレンズ 乱暴に使っていたので前玉が傷だらけになってしましい
最後は ソフトフォーカスレンズ でした。

カメラとレンズを見たら 組み合わせてみたくなった。

カッコ良いですね








いやいや 止まらなくなりそう



これはかなり後
タムロン 300mmです。


タムロン 105mm/f2.5




 タムロン勢はもらったレンズなんだけど あまり使わなかったな。

モノクロ時代には重宝しました。
各種フィルター
一番のお気に入りは 赤フィルター
空が黒く 雲が白く 写ります。

今,フィルターは全く使わなくなりました。

ここに並べてカメラとレンズ
カメラは動くけれどきちんとした写真は無理かと
レンズはタムロンのレンズはすべてカビが生えていて使えません。
ミノルタのレンズは立派です。 カビ生えていません
ただしマウントは昔のマウント
今このマウントのカメラは 無い と思います。

我が家に X500 があるので使えるかも

つづく

0 件のコメント:

コメントを投稿