2017年7月14日金曜日

キハ110

八ヶ岳に遊びに行くたびに
乗らないけど
よく見る キハ110系

国鉄時代の車両ばかりだった我が鉄に
JR発足後に走り始めた
その車両が納入されました。

キハ110,111,112
JR東日本のローカル線用気動車で
小海線をイメージしての納入です。

納入車両を早速検収します。

キハ110
両運転台付の車両です。




キハ111+キハ112
通常,2両連結単位で運用されます。




キハ111は片運転台,WC付
キハ112は方運転台,トイレ無 です。



実車もシンプルなデザインなので,
当然ながら模型もシンプル
ちょっとおもちゃポイね。





行き先表示は,海側が「小諸」



山側は,「小淵沢」
相対ホームでの乗車時は,
列車の行き先と方向幕が一致しますが
島式ホームではちょっと・・・

まあ 両側面一度に見られる人は居ないから
良しとします。

検収は無事終了
そして 我が鉄 デビューです。


この駅のイメージ※1は 小淵沢駅
手前が甲府方面,奥が上諏訪方面
左が駅舎で 
中央本線の下り線,上り線,小海線と並びます。
※1 駅のイメージは年中変わります

現実の「小淵沢駅」
駅舎と中央線の間には,
引き上げ線が1線だけだし
EF64げ牽引する客車列車は 急行「上高地」
1968年(昭和43年)までの運転なので
夢の世界です。


この勾配は50‰ 1mで5cm登ります。
小海線は最大33‰なので
模型は迫力を出すためにちょっとデフォルメするんで
丁度いいかなと

我が鉄にキハ110がデビューしたので速報でした。


0 件のコメント:

コメントを投稿