2016年6月2日木曜日

ウェストン・レリーフ


田代橋を渡って 梓川沿いに歩くと

梓川をはさんで霞沢岳や六百山が素晴らしい。

秋にはカラマツが黄金色に輝く。



その後ろに ウェストン碑がある。

日本アルプスを世界に紹介した英国人宣教師ウェストンを偲び,
梓川右岸にレリーフがはめ込まれている。

 

左が焼岳 右が穂高 正面は霞沢だけです。
ウェストンは左を向いていますから 
穂高は見えない

と思ってしまった。


ウェストンが見ているのは
焼岳か霞沢岳なんだよね。


でも もしかしたら
ここの山でなくて

日本アルプス
日本の山を 見ているのかも





0 件のコメント:

コメントを投稿